琉 球 自 立 と 独 立 へ の 道!


 五 輪 よ り 花 一 輪 福 島・辺 野 古 へ 



ア  メ  リ  カ  共  和  国  の  終  焉 



 


ア メ リ カ の 覇 権 国 家 は 終 焉 を 迎 え る!
グローバリズムからナショナリズムへ 



今やアメリカ政府の敵はアメリカ市民に 



自滅するアメリカ帝国 崩壊のシナリオ


  
 ア メ リ カ  崩 壊 す る 日 !
堤 未果(ジャーナリスト)がオバマ大統領とアメリカの危機を全て暴露!





* 沖    縄    の    歴    史





・ 平成の琉球処分= 普天間移設・ジュゴンの海に米軍基地建設強行!

* 琉  球  文  化  ア  ー  カ  イ  ブ





* 琉   球  王  国  の  歴  史- YouTube
* 沖縄の真実「琉球王国歴史と人物」 - YouTube





* 古 代 文 明 >  古 代 琉 球 > 歴 史
*  琉     球     王     朝     史



琉球王国は薩摩藩の侵略までは武器を持たない平和国家であった!

* 琉球は、中国の権威を後ろ盾に国内平和を維持する一方、安南(ベトナム)、ビルマ(ミャンマー)、チベット、ネパール、朝鮮などと同様、中国皇帝に貢物を献上して服従を誓い(貢・進貢)、皇帝からの数々の返礼品を拝領するだけでなく、使節団を通じて貿易に従事していた。

* いわゆる華夷思想に基づく中国を中心とする東アジア秩序体制である。琉球はこの体制をうまく利用して、日本(幕府や、堺、博多など)、中国沿岸(福州、泉州、広東、安南)から東南アジア――ルソン(フィリピン)、シャム(タイ)、マラッカ、パレンバン(インドネシア)――まで貿易を拡大し、琉球が「万国津梁」(万国の架け橋)として「異産至宝充満」したという「大交易時代」の黄金期を迎えていた。

 薩摩侵攻を「第一の琉球処分」、明治政府による併合WP「第二の琉球処分」、沖縄戦→施政権譲渡→米軍占領を「第三の琉 球処分」、民意を無視した軍事基地つきの沖縄復帰を「第四の琉球処分」と呼ぶ議論、そして自民党政権の沖縄基地容認・日米地位協定容認政策を別の琉球処分(第五の琉球処分)ではないかという議論が相次いでいる。

* 沖縄の「奴隷解放」はいつ実現するのだろうか。あるいは、「基地助成金」 いう「アメ」に依存する限り、奴隷根性は抜けず、「苦世ニガユ」からの脱却もあり得ないのだろうか。あるいは、沖縄人自身が
「琉球処分」未だに活用し切れていないのだろうか。




◆ りゅうきゅうしょぶん【琉球処分】


 

* 沖縄の廃藩置県のこと。明治政府は王国体制のまま存続しつづける琉球の処遇について画策し,1872年(明治5)9月,琉球王国をひとまず〈琉球藩〉とし外務省の管轄とした。

* つづいて〈琉球藩〉を廃して〈沖縄県〉を設置しようとしたが,琉球側の執拗な抵抗と琉球に対して宗主権を主張する中国(清朝)の強い抗議にあい,容易に意図を実現することができなかった。

* 74年,明治政府は先に台湾に漂着して殺害された琉球人に対する報復措置を名目に台湾出兵を行い,琉球が自国の版図であることを中国側に示した。



第 一 次 「 琉 球 処 分 」 一〇〇周年糾弾!!
国 境・国 家・第 三 次 琉 球 処 分
 
「正しい歴史認識」のために…台湾出兵と琉球処分




沖 縄 経 済 処 分 に つ い て
 




沖縄が独立に向けて動き出しそうです。 21世紀の琉球処分
佐藤優「辺野古移設は21世紀の琉球処分」の危うさ

* 琉  球  処 分  以  降  の  歴  史













 

* 沖縄密約事件と孫崎享「わらびジャーナル」
*  沖縄返還をめぐる密約を暴いた西山記者の再審請求棄却
* 琉 球 処 分 と 天 皇 の 沖 縄 メ ッ セ ー ジ

* 敗戦間際の日本の国家予算は100億円を切る状態であったが、天皇は戦争での蓄財は約9,000億円でスイスとアルゼンチンに隠した、戦後は人間天皇に変身し、戦前は軍部の奴隷 戦後はアメリカの奴隷として演出し、延命しか考えない恥を知らない 在日のおおさまの話でした♪








*  台湾で「琉球」が「日本」とは別の存在と考えられているのは、歴史的な経緯による。沖縄は、中国で明王朝が興った直後の1372年から、明治維新後の1879年に強制的に日本に組み込まれるまで500年間、
中国(明朝と清朝)王朝帝国に従属する「琉球王国」であった。














か り ゆ し ク ラ ブ(旧名:琉球独立党)

















ア メ リ カ 合 衆 国 に よ る 沖 縄 統 治

沖縄返還(おきなわへんかん)は、1972年(昭和47年)5月15日
* 本土復帰(ほんどふっき)とは、敗戦により連合軍側(特に米国軍)に施政権が移った、伊豆諸島、トカラ列島、奄美群島、小笠原諸島、沖縄県が日本に復帰したことを言う。




* 琉    球    独    立    運    動
* 琉   球   独   立  運  動  動  画  集
* 独  立  琉  球  国 ホ ー ム ペ ー ジ





琉球共和国―汝、花を武器とせよ! (ちくま文庫): 竹中 労
琉球共和社会憲法 C私(試)案 - Biglobe
* 安易な「復帰」論、怠慢な「本土なみ」思想を排して、「独立国琉球」の復権を切に主張する!




琉球独立運動資料館 - Bekkoame
辺野古移設反対と不気味に連動 看過できぬ琉球独立運動 ...








 
【戦後70年 止めよう辺野古新基地建設!沖縄県民大会】
 〜島ぐるみで、建白書の理念を実現させよう〜